【簡単・おすすめ】ヘンプミルクの作り方の完結編、2度の改良の末に出来上がりました。おすすめする理由5つ・味・見た目など素朴な疑問と合わせて、紹介します。 ヘンプミルクの作り方は、動画でも見る事が出来ます。

ヘンプミルクをおすすめする理由5つ

おすすめする理由
  1. 必須アミノ酸 9+1 が含まれている
  2. 必須脂肪酸 オメガ3、オメガ6が理想的比率 1:3
  3. ビタミン・ミネラルが豊富
  4. アレルギーがない
  5. アーモンドミルク・豆乳と比べてタンパク質の量が多く・消化しやすい

1.必須アミノ酸 9+1が含まれている

必須アミノ酸とは・・・体内で合成出来ない必須アミノ酸で、全部で9つ有ります。 必須アミノ酸は、タンパク質を構成する上で、欠かせない栄養素となります。

なぜ?9+1と表現したかと言うと・・・。

アルギニンは、大人にとっては、非必須アミノ酸は体内合成出来ますが、幼児にとっては、体内で合成出来ないので、必須アミノ酸となっています。

なので、ここでは 9+1と表現しました。

必須アミノ酸 9+1

①イソロイシン②ロイシン③リジン④バリン⑤トリプトファン

⑥スレオニン⑦メチオニン⑧フェニルアラニン⑨ヒスチジン

+アルギニン

2.必須脂肪酸 オメガ3・オメガ6が理想的比率 1:3

必須脂肪酸とは・・・体内で合成出来ない必須脂肪酸で、2つ有ります。

必須脂肪酸 2つ

①オメガ6・・・リノール酸(ex.大豆油、ベニバナ油…etc)・γ(ガンマ)リノレン酸(ex.母乳、月見草油…etc)が含まれています。

②オメガ3・・・αリノレン酸(ex.亜麻仁油・えごま油...etc)

※オメガ3には、植物性必須脂肪酸のαリノレン酸と動物性必須脂肪酸のEPAとDHA(ex.鯖・鮭...etc)が有ります。

オメガ3とオメガ6の理想的比率が、1:3と言われています。麻の実は、理想的比率の1:3となります。

乾燥麻の実・乾燥大豆・乾燥アーモンドの数値です。※参照元 文部科学省 食品データーベースHP。

100g当たり必須脂肪酸αリノレン酸リノール酸γリノレン酸含有量含有比率
乾燥麻の実1856118:571:3.15
乾燥大豆95009:501:5.55
乾燥アーモンドTr2400:24

3.ビタミン・ミネラルが豊富

ビタミン・・・ビタミンD、ビタミンB、ビタミンC 

ミネラル・・・マグネシウム・カルシウム・鉄・カリウム・リン

4.アレルギーがない

ヘンプミルクは、乳製品でも、ナッツでも、大豆でもないので、アレルギーが有りません。

そして、小麦などとも違うので、グルテンフリーです。

5.アーモンドミルク・豆乳と比べてタンパク質の量が多く・消化しやすい

アーモンドミルクと比べて、タンパク質の量が多い。

豆乳のタンパク質より、大豆由来のオリゴ糖がないので消化しやすい。

二度の改良点 

  

その1
  • ヘンプシード 100g
  • お水 500㎖
  • バニラエキストラクト 小さじ1

ヘンプシードの撹拌したカスが多く、匂いが気になって飲めない。

その2

失敗例 その1の対策として、3つを補足して作ってみました。

  1. 濾す
  2. 水で薄める
  3. 甘味を足す

分量は、一緒です。

  • ヘンプシード 100g
  • お水 500㎖
  • バニラエキストラクト 小さじ1

やはり、ザラザラ感と匂いが気になりました。そして、濾す手間もかかった。

ヘンプミルクの作り方

最終的な改良点
  • ヘンプシードの量を減らす。
  • 撹拌する時間を長くする。
  • 栄養面を考えて、濾さない。
  • 甘味料をいれるなら、ラカントのメイプルシロップにする。

☝プチ情報

甘味料のおすすめは、通常のバニラキストラクトより、ラカントのメイプルシロップが、糖質量やコスパ的に良いと思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2B68DD2C-514D-40E3-9965-7B9B0DF8C7A5-768x1024.jpeg
ロスで安売りしていました

では、早速、材料からの紹介です。

材料
  • ヘンプシード   50g
  • 水        500㎖
  • お好みで、甘味料。

作り方
  1. ブレンダーに、水500㎖にヘンプシード50gを入れる。
  2. 長目に撹拌する。 
  3. 甘味料をお好みで足す。

☝プチ情報

ザラザラ感が気になるので、撹拌は、長目にします。2分くらいしますが、撹拌して止めて、撹拌して止めて、を繰り返しながらすると、止めた時にヘンプシードが下に落ちてくるので、細かく撹拌できます。

水500㎖に50gのヘンプシード

長目に撹拌する

お好みで、甘味料を加える

☝プチ情報

そのまま飲むのに、ザラザラ感やにおいなど、どうしても抵抗のある人は、プロテインを飲む時やコーヒーなどに入れると半減されます。

私は、プロテインに入れて、毎日飲んでいます。

まとめ

ヘンプミルクは、ビタミン・ミネラル・必須脂肪酸や必須アミノ酸など、人が生きて行く為に必要不可欠な栄養素が含まれていて、栄養価の高い植物性ミルクです。

夏バテで体力がちょっと落ちたなぁ〜とか、食欲がないなぁ〜と思った時に、スッと飲めるのでとても便利です。

お子様の成長期に必要な栄養素な、ヒスチジン、アルギニンが入っています。

そのまま飲んでもいいですし、シリアルに掛けて食べる事も出来ます。 

アレルギーも有りませんので、小さなお子様でも安心して頂けます。

必須脂肪酸の比率も、理想的の1:3になります。 糖質制限されている方は、良質な脂質と良質なタンパク質の摂取が重要となって来ます。

タンパク質量はアーモンドミルクより多く、豆乳のタンパク質より消化しやすいです。

コーヒー、ココア、スムージーなどに入れたり、シリアルにかけたり、毎日の食生活に簡単に取り入れられます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事