フラックスシードミールをおすすめする〜3つの理由〜

おすすめする3つの理由

ズバリ‼

おすすめする3つの理由
  1. オイルに比べて、匂いがきつくない。
  2.  加熱出来る。
  3. 栄養価が高い。

フラックスシードとは、亜麻仁の種のことです。

亜麻仁の種を挽いた粉をフラックスシードミールと言います。

亜麻仁って聞いた事あると思いますが、アマの種から抽出した油をフラックスシードオイル 又は、亜麻仁油と言います。

では、具体的に理由を説明して行きます。

1匂いがきつくない

フラックスオイル(亜麻仁油)、皆さん使った事有りますか?

私は、独特な匂いが、苦手なのです。

身体に良いのは分かるのですが、あのなんと言えない、生臭さがダメなのです。

その点、フラックスシードミールは、粉末なので、生臭さはないです。

むしろ、イネっぽい植物の匂いになります。

2加熱が出来る

この加熱が出来るって、料理するのに凄く助かります。

オイルは、酸化しやすい為、加熱は出来ないし、光や温度でも酸化するので、長期保存も出来ません。

ドレッシングやスムージーなどに入れるくらいです。

フラックスシードミールは、後で紹介しますが、卵の代わりにも使えまし、ハンバーグのつなぎにもなります。

3栄養価が高い

オメガ3、食物繊維、タンパク質、リグナンが豊富。

栄養がいっぱいと言われているゴマと比較してみました。(100g中)

フラックスシードゴマ
α リノレン酸 (オメガ3)24000mg160mg
食物繊維23.8g12.6g
タンパク質21.8g20.3g
日本食品標準成分表2015年版(七訂)引用

ゴマは、タンパク質も豊富と言われていますが、フラックスシードも、負けていませんね。

オメガ3の代表でもある、α-リノレン酸が、150倍も有ります!

α-リノレン酸とは、人の体を作る上で必要な脂質で、体の中で合成出来ない必須脂肪酸です。摂取後は、EPA・DHAに交換されます。

リグナンが、他の植物食品の75〜80倍含まれています。

リグナンとは、植物性のエストロゲンと抗酸化物質です。

リグナンは、種子の外層に有るので、オイルだと抽出時に減少するので、種子の摂取が良いとされています。

フラックスシードの使い方・レシピ

Flaxseed meal

種を挽いた感じです

フラックスシードミールって、何?

ハンバーグのつなぎにもなりますし、サラダにササっとかけて食べるのも良いです。

水分と一緒になると、粘ります。 

オクラとかよりも、もっとドロっとします。 

例えが悪いですが、カエルの卵みたいな感じ?になります。

結構な粘り気です。 一度、ヘンプシードミールをレンジでチンして出来るパンを作ったのですが、口の中がねばねばして、私には無理でした。

私には、合いませんでした。

なので、料理に追加するときは、無理せず、自分の美味しいと思った所までにした方が良いと思います。

ヴィーガン卵の代わりになります。

うっかり卵がない時って有りますよね? 

そういう時には、便利かもしれません。

ヴィーガンエッグの作り方

1テーブルスプーン(アメリカ計量スプーン)に、3テーブルスプーンの水でかき混ぜて、レシピに使う前に5分間置きます。

とても粘りが出ます。

私は、自家製パンを作りの時に、フレックスシードミールを入れて作っていました。

パンを作る時に、25%小麦の代わりになる様ですが、それだと多すぎると思います。

私が昔、HBで作っていた配合です。

この分量で、丁度良かったです。

小麦や牛乳を使わない分、やっぱり膨らみは悪いです。

お砂糖も、ドライフルーツを入れるので減らしています。

普通のパンになれている方は、物足りないかも知れないですが、美味しいですよ!

早焼き・1斤・普通焼き上げ色

HBレシピ
  • 強力粉・・・230g
  • フラックスシードミール・・・20g
  • ラカント(砂糖)・・・10g
  • イースト菌・・・4g
  • 塩・・・5g
  • アーモンドミルク・・・100g
  • お水・・・80g
  • 無塩バター・・・30g
  • ドライクランベリー・・・60g
  • ドライレーズン・・・60g
  • オールナッツ・・・60g

まとめ

オイルに比べて生臭さがなので、食べやすいですし、保管もしやすいです。

加熱が出来るので、料理の幅がひろがります。 

α-リノレン酸やリグナンが豊富に含まれています。 α-リノレン酸-は、EPAやDHAに変換されますので、炎症を抑える役割が有ります。

リグナンは、エストロゲンや抗酸化物質となり、女性特有の悩みにもおすすめです。 Mahalo♡

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事